妊娠線を作りたくないなら1日2回のケアを心がけましょう

妊娠した女性にとって気がかりなのは、体重管理や食事の栄養バランス、そして妊娠線ができないかどうかということではないでしょうか。出産後も綺麗でいたい女性にとって、皮膚にくっきりとできる妊娠線は厄介者ですね。線ができる原因は、急激な体重増加や、皮膚の乾燥によって皮膚がうまく伸びきれずできてしまうこと、妊娠後期に急におなかが大きくなることで皮膚の伸縮が追い付かずにできてしまうことが挙げられます。

出来る場所の大半は、妊娠週数が進みにつれてどんどん大きくなっていく「腹部」です。そのほかにも、妊娠中は皮下脂肪が非常につきやすくなっていますので、太ももや、ひざの裏、腕や胸の付け根などにもできてしまうことがあります。妊娠線が一度できてしまうと、完全に消し去ることは困難です。
産後にお子さんと一緒に水着を着て海で遊びたいと考えている方や、産後もファッションを楽しみたいという方は、線を作らないようにする工夫が必要です。せっかくメイクをばっちり決めて、スタイルも取り戻して、おしゃれに決めたとしても、妊娠線がくっきり見えていては台無しになってしまいます。作りたくないのならば、日々のケアをしっかりと行うことが大切になります。高価なクリームやオイルを使用していても、ケアをさぼっていては、効果は得られません。毎日使用して、保湿してこそ効果が得られるのだということは忘れないでください。

妊娠線を作りたくない人は、1日に2回、オイルまたはクリームなどの専用の保湿剤を使ってケアするようにしましょう。製品にもよりますが、一般的にはクリームの方が保湿力は高いといえます。伸びの良さでは、オイルでしょう。アロマの香りが付いたオイルなども多くありますから、好みの香りを選ぶのもよいでしょう。一般向けに販売されている、市販のオイルを使う場合には、使用されているハーブの種類に気を付けてください。妊娠中には使用してはいけないハーブがあります。妊娠初期〜妊娠後期にかけて、使用しない方がいいハーブの種類は変わりますので、専門的な知識がない場合には、妊婦用のものを使うのが無難でしょう。クリームのべたつきが気になるという場合には乳液タイプのさらりとしたものでも構いませんが、さらりとした質感のものを使用する場合は、1日2回ではなくもっと回数を増やして皮膚を保湿するようにすると安心です。妊娠中は皮膚が非常に敏感になっていますので、試供品がある場合にはなるべく取り寄せて、試してみてから製品を購入するようにすると安心です。

クリームやオイルを使用するタイミングは、特に決まりはありませんが、塗り忘れを予防するために「朝起きたら」と「夜の入浴後」など、決めておくといいですね。1日1回とした理由は、皮膚の乾燥を防ぐためです。2回にこだわらずとも、なんだかおなかがカサカサしているな、とか皮膚のつっぱる感じがするな、という時には、オイルやクリームを優しく塗りこむようにしましょう。皮膚の保湿を行うことで皮膚がしっとりしますので、おなかや太ももなどの皮膚が伸びる際に、皮膚がさけるのを避けることができます。

クリームやオイルの塗り方ですが、表面にパパッとつけて終わりという人が多く見受けられます。これでは、効果は半減してしまいます。塗る際には、皮膚の内側にしっかり浸透させる気持ちで、優しく、手のひらで温めるようなイメージで塗りこみましょう。表面だけにつけると下着や洋服にも付いてしまいますし、すぐに乾燥してしまいます。内側まで浸透させることで、長い保湿力が期待できますよ。

妊娠線は一度できると消すことが大変困難だからこそ、作りたくないという方は、面倒くさがらずに日々のケアを行いましょう。乳首 黒ずみ


メニュー